妊娠中のダイエットの危険性について

妊娠中というのは後期になると特にそうですが、体の動きが制限されてしまうので太りやすいといます。また女性の場合はやはり妊娠中とはいえどもあまり体重が増えたり脂肪が付くと気になってしまう人も多いでしょう。

 

ですが妊娠中のダイエットというのはリスクが高いことを十分に理解しておく必要があります。特にプチ断食、特定の食品のみを食べるダイエットは絶対にしないで下さい。

 

栄養が不足する、もしくは偏ってしまう危険性があるのです。食事制限のあるダイエットをする場合はしっかりと栄養は確保した上で少しだけ量を減らすといった風に行なう必要があります。

 

その理由は栄養不足は胎児に影響を与えてしまうからです。妊婦というのは基本的に2人分の栄養を取る必要があり、葉酸不足で胎児に障害が出るリスクが高まるというのはよく知られています。

 

だから妊娠中に食事制限をするなら和食中心の食事をする、野菜を沢山摂取してカロリーと脂を控えめにする、市販のドレッシング、マヨネーズは使用せず塩や醤油を少量サラダにかけるといった風にして下さい。

 

他にも妊娠中にダイエットをする危険性を挙げると低体重の赤ん坊が生まれるリスク、感染症、合併症のリスク、子供が将来生活習慣病になるリスクなどがあります。赤ん坊が未熟児で生まれてしまうと知能、精神、身体の発育に影響が出てくる場合があります。さらに胎児の時期に栄養不足になると低血糖となり将来糖尿病になる確率が高まる、脳に影響が出るといったデーターがあります。

 

だから妊娠中のダイエットはお勧めすることは出来ません。元々の体重により多少異なりますが妊娠中は12キロ程の増加なら許容範囲と言えます。ですが12キロ上増えると今度は体重の増えすぎで胎児への影響を与える可能性があるので医師から食事制限の指導が入ります。

 

その場合は指導に従いダイエットをする必要がありますが、そうでない場合はダイエットは控えめにして出産後にダイエットに励むことをお勧めします。

 

妊娠中の摂取カロリー

懐妊すると、体重マネジメントについて、病産院でシビアにマネジメントされます。妊娠高血圧症や糖尿病などの合併症を防止する趣旨と、難産を回避するためです。

 

懐妊中に体重が増大する誘因は、胎児や破水など、赤ん坊の環境の醸成に須要な増加分のウエイトもあるし、塩気のと過剰摂取などにより、むくんで水分をたくわえてしまうせいでもあります。また、過剰に減量すると赤ん坊が未熟児になることもあるので要注意です。まずは1日の摂取量を確認しましょう。

 

1日に須要なカロリーは20から40歳の普通の女性だと、およそ2千Kcalです。けれど、懐妊後期には、このカロリーにプラスして、500Kcalを増量して食べるほうが良いです。悪阻などの凄まじい懐妊当初には、無理せず食べられるだけ良いです。懐妊後期のプラス分の500Kcalは、ごはん1杯(およそ140g)が240Kcalなので、食事のうち1日2回は、ごはんを2杯分増分して大丈夫です。

 

そして、増分のカロリーは、色んな食品から摂り入れましょう。ケーキは糖や脂分がばかりで、ミネラルやビタミンが僅かです。依存は危険です。もし甘味やデサールを口にしたくなったら、芋かりんとうや、大学芋などがおススメです。

 

バターや砂糖入りのスイートポテトは危ないですが、さつまいもの甘味なら、Dietaryfiberも摂れるからおススメです。ベイシックには三食の食事とおにぎりなどの補食(ごはんのようなおやつ)を目指せたら理想です。

 

食事のメニューで参考にしたいのが「肉野菜炒め定食」です。「ごはん+根菜の味噌汁+肉野菜炒め+青菜の小鉢」という内容です。これらを合計すると、約800から900Kcalくらいです。

 

つまり、1日、3食で、1日の合計が2500Kcalくらいです。肉は油がちょっとで良いし、魚も良いですけど野菜は極力たくさん摂ると良いです。カロリー以外に野菜も食べましょう。

 

体重増加のストレスを軽減してくれる水素水

水素水は安全性が高い飲み物で妊娠中の体に発生した活性酸素と結びつき水となって汗や尿として体外に排出されます。

 

純粋な水素水ならよいですが、ケイ素が入っている水素水は胎児への安全性が確認できていないので避けましょう。

 

妊娠中、水素水が与える効果は?

妊娠中に水素水を摂取することで得られるメリットはたくさんあります。

 

つわりが軽くなる

代謝が上がり、体重管理に役にたつ

胎児の脳障害を軽減する

便秘の改善

歯周病の進行を抑える

妊娠高血圧症候群が軽くなる

 

特に注目したいのが「水素水を飲むことで胎児が脳障害を持って生まれるリスクを下げられる」という名古屋大学大学院の研究です。

 

妊娠中に起こる胎児の脳障害は活性酸素による子宮内での酸化ストレスが原因。水素水はこの活性酸素を除去する働きがあるので、その効果で胎児の脳障害のリスクを減らせる…ということなんですね。

 

活性酸素を除去して水になる。余分な水分は体外に排出される

 

妊娠中のストレスが胎児に与える影響

妊娠中にストレスを感じるとストレスによる血管収縮により胎児に十分な栄養や酸素が行き渡らず、早産・流産の危険性を高めると言われています。

 

またストレスを感じると分泌される「コルチゾール」は胎児のアレルギーのリスクを高め、さらに母体がストレスを感じると情緒不安定な子供が生まれやすくなります。

 

情緒不安定な子供は夜泣きが多く、出産後の育児にも大きな影響を与えてきます。

 

また妊娠中に発生した活性酸素が原因で胎児の脳の神経細胞が破壊されて発達障害・自閉症になるといった見解があります

 

体重増加がストレスになる。じゃあどうすればいいの?

一番簡単な方法はストレスを発散できる方法を見つけること

友人とお買い物・おしゃべり

自分の好きな場所に出かける

散歩をする

自宅でできる趣味を見つける

ストレッチをする

いろいろあります。

 

活性酸素を除去しながら基礎代謝を上げてくれる水素水はすぐれもの。

 

妊娠中、酵素で痩せる方法

妊娠中は、栄養が偏る極端なダイエットは危険だと言われています。そのため、食事を抜くのではなく、栄養豊富な酵素ドリンクを使ってダイエットしようと思っている妊婦さんも多いのではないでしょうか。2児のママとは思えないスタイル抜群の紗栄子さんも、産後の体重を戻すために酵素ドリンクを使っていたのは有名な話ですね。

 

けれども、酵素ドリンクを飲むだけで痩せるというわけではありません。紗栄子さんが痩せたのは産後の話ですし、妊娠中はとにかく栄養を吸収しやすい体のつくりになっています。妊娠中は断食をするリスクも大きいので、くれぐれも酵素ドリンクの使い方には気を付けることです。妊婦さんは食事を抜いたからと言って単純に体重が減るわけではありませんし、そのせいで、かえって体の吸収力が高くなって脂肪をため込みやすくなってしまうこともあります。

 

妊娠中に酵素ドリンクを使う場合には、「間食代わり」もしくは「朝食代わり」に使用するといいでしょう。朝食をとる習慣がないという方は、朝食に酵素ドリンクを飲むだけでお通じが良くなったり、体の代謝機能がアップする可能性があります。間食でついつい甘いお菓子を食べ過ぎてしまうという人は、酵素ドリンクに置き換えるだけで大幅にカロリーを削減できますし、お菓子には含まれていない栄養もバランスよく摂取できます。

 

酵素ドリンクが痩せると言われているのは、体の代謝機能を上げてくれるからです。代謝そのものがアップすれば、同じ運動量、同じ食事量でも、エネルギーの消費量が増えます。

 

妊娠中は運動量が減って代謝が落ちてしまいやすいので、そういった意味では酵素ドリンクを飲むことはおすすめです。酵素ドリンクを飲んだから痩せるというよりは、痩せやすい体に近づけてくれるための飲み物だと思いましょう。痩せないからと言って、1日3食置き換えたり、極端な食事制限はしないでくださいね。酵素ドリンクは即効果の出るものではありませんから、長い目で続けることが必要です。

満腹感を得るためには

妊娠中は、常に食欲との戦いです。赤ちゃんの成長のために糖分がどんどん使われるので、妊娠前よりもご飯やパン、甘いスイーツが欲しくてたまらないというママが多いのではないでしょうか。

 

食べ物の好みがガラリと変わるので、驚いてしまいますね。体重管理しないといけないのに、食べても、食べてもお腹が膨れない状態に困っている方もいるかもしれません。しかし、妊娠中は赤ちゃんにも栄養が必要だから、お腹が空くから・・・といって好きなものを好きなだけ食べていては、体重は増える一方。

 

増えすぎた体重は産後の体型戻しを難しくするだけではなく、難産の原因になってしまうこともあります。食べるのを我慢することなく、満腹感を得るための方法を3つご紹介します。

 

パスタで満腹感をアップする秘訣!

妊娠中はご飯がベストと言いますが、たまにはパスタも食べたいですよね。でも、1人前じゃ物足りなくて、食後のデザートにまで手が伸びてしまうようでは危険です。家でパスタを茹でる場合は「全粒粉」パスタを使いましょう。

 

小麦粉を丸ごと粉末にしたもので、食物繊維が豊富なのでかなり満腹感があります。また、硬めにゆでるのもポイント。硬めにゆでると噛みごたえがUPするだけでなく、血糖値の急上昇も抑えることが出来ます。

 

野菜にタンパク質をプラス

体重管理のために野菜だけの食事になっていませんか?野菜はたっぷり食べてもカロリーが低いのがメリットですが、それだけでは満腹感が得られません。脳を満足させるためのおすすめは、タンパク質を摂取すること。不思議なことに、いつものサラダに蒸し鶏やゆで卵をプラスするだけで、グンと満腹感がアップするんですよ。卵の食べ過ぎを気にする人もいますが、コレステロール値に異常がない場合には基本的には心配いりません。ゆで卵を常備しておけば、お腹が空いた時につまむことも出来るので、まとめて茹でておくといいかもしれませんね。