妊娠中のダイエットサプリはOK?

妊娠中は、食欲が増すうえに脂肪を蓄えやすくなっているので、体重管理が本当に難しいものです。

 

体重が増えるからと言って食事を抜くと赤ちゃんの成長も心配だし、かといってこのまま体重が増え続けてしまうと産院でも注意を受けてしまうし・・・と困っているママは多いと思います。

 

そこで気になるのが「ダイエットサプリ」の利用ではないでしょうか。パッケージを見ると、食事量を変えずに痩せるとか、部分痩せが出来ると言った魅力的な文字が並びます。

 

しかし、妊娠中のダイエットサプリの使用はおすすめできません。その証拠に、サプリメントのパッケージ裏面の注意書きには、「妊娠・授乳中は使用をお控えください」と書かれているか「妊娠・授乳中は医師や薬剤師に相談のうえ・・・」といった注意書きが成されています。

 

妊娠というのは、奇跡の連続です。赤ちゃんが体内で育つというのは本当に奇跡で、化学では証明しきれない事や、一言では説明できないようなことがたくさん起こっているのです。

 

ですから、いかに安全な成分にこだわったサプリメントであっても、「これは安全ですよ!」という風には言えません。危険性は少ない成分を使っているとしても、赤ちゃんの成長に影響がないとは言い切れないのです。

 

また、産まれてすぐの赤ちゃんに影響がなくても、10年、20年した後に何らかの形で影響が出てしまう可能性もあります。ですから、「医師にご相談のうえご使用ください」といった、一種の逃げのような言葉が書かれているのです。

 

しかし、産婦人科の先生や、販売しているドラッグストアの薬剤師に「飲んでも大丈夫ですか?」といったところで、「責任を持って保証します!」なんて快い返事はもらえません。

 

多くの場合は、飲まない方がいいとアドバイスされるか、自己責任で飲むように言われてしまいます。薬と同じで、赤ちゃんに影響が低い物であっても、飲まないに越したことはないということです。ダイエットサプリではなく、その他の方法を検討するようにしたいですね。